女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

施術17回目

施術17回目


施術前のお話は、性癖について。


どんな体験と環境の中で、先生の性癖が固まって行ったのかを聞きました。


性癖って、体験、環境、性格が大きな要素なんだなぁ。
なので、すごく個人的なことだし、多様性に溢れてるものなんだなと思いました。


そんで、一度固まっちゃうと
変える、無くす、の話じゃないんだなぁとも思いました。


自分の性癖が、多分に相手の権利や自由を侵害するものだった時。
健全というか、社会生活を脅かさない範囲や方法で発散する、満たすっていうのも大事なことだよなぁ。

 

 


施術の内容は、靭帯ストレッチと癒着剥がし。


これだけイケるおまんこになっても、なんかすると癒着を起こす。
油断大敵。


膣が充血して伸びて、充血が収まって縮む時に経血と空気を巻き込んで縮む。
その経血がノリみたいになって、膣のヒダとヒダをくっつけちゃって癒着する。


そこをイカされたりしながら、剥がしていく。


そのあと、全体をグルーっとこそげていくと
先生の指に梅ジャムが!!


『はーい。おまんこの年末大掃除ですねー』


と、何回かぐるーっとお掃除されました。
これで気持ちよく新年を迎えられます。


終わった後、おまんこが軽やかでした。

 


ほんとに、こんなことが分かったり、出来るのは先生だけだろうなって思う。
ただイカせる、気持ちよくさせることができる男の人はたくさんいるんだと思う。
だけど、ここまで正確に、微に入り細に入り触れる人は他にいない。


なんで、世の中の男の人は
こんな凄い人が教えてくれるって機会に学びに来ないのかな?
周りの女の人が、『たくさんの人に知ってほしい』って言ってる、それだけ必要だし、欲しいって言ってることなのに。

 

 

 


それと、スクワットやストレッチしてても左側が硬いし伸びにくい。
それはおまんこも同じで、左のほうが伸びが悪い。
癒着も左側で起こした。


ただ股関節のストレッチかけたり、固い筋肉を揉まれたりしても、想像範囲内の苦しさだけなのに
おまんこズボズボされながらだと、なぜかそれがめちゃくちゃ気持ちよくなって、それでイク。


これはヤバい。
すごく好きなタイプの刺激。
『それはダメです〜〜これは、ダメになっちゃうやつ〜〜〜あぁーイグゥ〜〜〜〜』でイキました。


『コレはどうや!』と左の内転筋を踏まれてストレッチされながらズボズボされると、またイク。


なんであんなに気持ちよくなるんだろう。不思議。


全身の鳥肌がすごかった。

 

 


前回は、あんまり体調良くなくて
あんまりエロい気分を作り込めませんでした。
そのためか、施術の最初の方では膣の入り口が少し固いしピリピリする感じ。


それは気持ちの作り込み方の問題や、と言われたので
今回はエロい気持ちを作りこんで、高めて臨みました。


入り口、全然痛くないし。
すぐに3本、4本、と指が入る。


おまんこって、なんて素直なんだろう。


こんな素直で繊細な存在なんだって分かると、大事に慈しんであげたいなって思う。

 


それと、途中で『少し酸が出てる』と言われました。
『ちょっと、体だけでイカされた感じが続いたからやな』


『男の身体を触って』
そう促されて、先生の身体を触ると、たしかにおまんこが少し楽になる感じ。
男の人の身体だ、って意識して触ると
やっぱりなんかおまんこが反応する。


ほんとに、おまんこって感覚にすぐ反応する。


ちんぽみたいに外に出てないから変化が分かりにくいけど、実はいろいろ外側のことを感じて、反応してる。

 


それと、イってる時に脱力するとまた一段高くイケる。
分かってても、最初につい力を入れちゃうので
最初から脱力してイケるようになる、を次は意識したいと思います。