女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

実は思ってたより辛かったのかもしれない

生理前とか、そうでない時でも

なんかメンヘラになってると、その矛先はほぼ夫に向かいます。

 

思うことは「コイツさえいなければ」

 

そうなったら絶対に経済的にも、気持ち的にも困るのに

なんかそういう思考がすごく走る。

 

安定している時は、すごく感謝の思いもわくし

優しく接することも出来るんだけど。

 

まぁ、夫婦あるあるだとは思う。

 

施術の事とかは、夫には絶対に秘密。

なぜなら、彼にはまず理解できない世界観だから。

 

結婚という制度と、感情と、セックスは、彼の中では三位一体のもので

そうでないものは対岸の火事。他人事。

エロ事や性的興奮は異性間でしか起こりえないもので、

そうじゃない人たちがいるのは知ってるけど、画面の向こう側の人たちの事。

 

夫のことを男性として好きっていうわけでもないし

でも恩はあるし

いなくなられたら困るし寂しい。

 

そういう人が、知ったらたぶんものすごく混乱して、不安になって、もしかしたら絶望感も感じるかなーっていうようなことが

わたしにはどうしても必要なことで

だけどそれを夫に話して理解を求める、っていうのはしたくない。

労力とリスクが大きすぎる。

 

かといって離婚するほどのエネルギーもなく。

少し前までは、頑張れば(←そもそも頑張るっていうのが…)夫ともセックスできるかも、と思ってたけど

ここ最近はそれも急に『あ、無理』ってなっちゃったし。

 

不誠実だなとは思うけど、今のこの状況を変える気は無いし、変えたくない。

 

そういう状況にハマってることが、自分で思ってたよりも

案外と辛かったんだなぁって気が付いた。

 

ツライって思っちゃいけないと思ってた。

 

だって(夫以外と)性的なことを楽しみたいって欲求を抑え続けるなり、

それが出来ないなら離婚するなりすればいいって思ってたから。

 

でも、あんがいとこの状況はこの状況で、割り切れない分辛かったんだな~って

自分で思えたら、ちょっと一息つけた感じ。

 

不誠実だし、半端だなぁとは思うけれど

それもまたよし、と割り切れるほどはまだ達観できず。

 

夫が視界に入ると、わたしが隣にいるとそれが嬉しいのかハイテンションになる姿を見ると

わたしの半端さと不誠実さを突き付けられるようで、

だから「コイツさえいなければ」になるんだな、と。

 

じゃあどうする、っていうのはまだ思いつかないけど

とりあえず自分の気持ちを少し整理できたので、ちょっとほっとした。