女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

施術13回目

子宮筋腫摘出後、初の施術です。

 

傷の痛みはほぼ無く、心配なのは体力面。

すこし前まで、夕方ごろに突然、猛烈に眠くなったり

やっぱり疲れやすかったり、

その割に夜は眠れなかったりしてました。

 

段々、朝に起きられる、

夜はそこそこに寝つく、

日中の猛烈な眠気やダルさが減ってくる、

活動時間と範囲が伸びる、という感じで経過してました。

 

 

そして、おまんこの具合はいかに…!!

 

最初、入口近くがすこし突っ張る感じがしましたが

すぐ気にならなくなってきました。

 

まずは固くなってなかったようで、ホッとしました。

若い人だと、傷跡が残ることとかに精神的ダメージを受けて固くなることがあるそうですが

『ババアは平気なんやな』

 

アラフォーになると、それより健康が優先、ってなるのかもしれません。

案外、傷がキレイに治りそうなのもある。

 

 

先生曰く、

『中が全然違う。行き止まる感じが無くなってる』

 

わたしの筋腫は、子宮の漿膜外、膀胱の真上にありました。

摘出物を見たという家族によれば、

ロールパン🥐か、おいなりさんくらいの大きさ。

 

もともと、トイレは近めではあったけど

手術前は、尿意と尿量が釣り合わない感じはありました。

ロールパンが膀胱を圧迫してたみたい。

 

 

そんな筋腫が無くなったことで、

骨盤内でより刺激や振動が伝わりやすくなったようです。

 

鼠蹊部を自分の指で押さえるように言われ、押さえると

先生が鼠蹊部から中を揺らしているのが指に伝わります。

これはびっくり‼️

 

 

そのおかげで、とにかくイクまでが速くなった。

まさに秒殺。

 

おまんこを充血させた状態から、Gエリアを刺激されたらほぼその瞬間にイク。

 

途中から先生が面白がった様子で

『何秒でイクか、ストップウォッチで測ったろ』と言い出しました。

 

最後は一秒切りました。

 

『俺はとんでもないものを生み出してしまった…』

 

まさか筋腫がここまで存在感あったとは。

 

なので、医者から『この筋腫は取った方がいい』と言われてる人は

さくっと取ってしまったほうが、おまんこは気持ちよくなりやすいと思います。

 

 

参考までに。

わたしの場合、エコーとMRI所見で4㎝×6㎝でした。

そういう平面の所見だと、取ったら派と、様子見てもいい派が分かれるサイズ。

 

でも、実際は3次元なので

摘出物を見た母(元ナース、現看護学校教諭)、病院のオペ担当ナースなどは

『あのサイズは取った方がよかったね』と感じるくらい、けっこう存在感あったようです。

 

あとは、年齢や筋腫の成長速度、自覚症状の強弱があるので、

必要ならセカンドオピニオンももらいつつ、よく相談して、考えて決めてください。

やはり、本人の納得感が大事。

 

 

なんだか、施術が終わって、ようやく子宮筋腫摘出術がぜんぶ終了したような気持ちです。

 

鼠蹊部、仙骨部、ポルチオ、Gエリア、いろんな場所でとにかくイクまでが速いし

一度イッて、刺激され続けたらずっとイってられる。

 

最後は四つ這いでイクの20本ノックで〆でした。

 

 

あとは、力を入れてからの0までの脱力、さらにそこからマイナスへの脱力も練習しました。

が、眠いのでそれはまた今度……

 

 

f:id:Pomegranates:20180819220206p:image