女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

施術レポ2回目 つけたし


施術レポ2回目つけたし



途中、『このゆるゆる気持ちいい感じが核やで。よく覚えといてな』と言われました。


確かに、弱いけど安心する気持ち良さです。

『あ"あ"〜〜』って声は出ないけど

『はぁ〜〜〜〜ぁぅ』って高い声が出る感じ。


興奮のタネと、安心感の暖かさが溶けて混在してる感じ。

どちらにでもいける。

両方があるって分かる。


いちばん、おまんこのふわとろ加減が自分で分かる気持ちよさかもしれないです。


これはこれで、すごくスキ。



施術の翌日に熱を出して寝込んでました。


旦那さんに買い物頼んだら、イヤな顔ひとつせず、頼まれてくれました。

イヤな顔せず、労わるようにされる度、

『わたしはなんで、こんないい人のこと素直に好きって思えないんだろう?』って少し落ち込みます。


ゆるゆる気持ちいい感じは、旦那さんやお父さん(実際の父)がわたしにくれる、

生活に対する安心感に似てるなって思いました。


でもあそこがああだとか、こないだこう言ったとか、小さい頃はこんなことした、してくれなかった、とか

そういうほんとは瑣末なことを全部取っ払っえる瞬間がたまーにあります。

そういう時、生活を守ってもらえてる安心感やほこほこ嬉しい気持ちだけが残る。


おまんこのゆるゆる気持ちいい感じを感じると、それを思い出します。





それと、

『のーぱんだってバレたらどうしよう』って、バレるはずないのにそう思う。

それが官能で、人を見る上でも大事。

というようなことも話してくれました。


想像する、視点を創造する、

みたいなことかなぁ。

全く知らないことは想像も創造も出来ないから、

いろいろ知る、経験することも大事だなって思います。


自分がのーぱんになったことなかったら

『あのスカート短い人がのーぱんだったりして。もしかしてローターまで仕込んでたりしたらどうしよう』なんて、

帰りの電車で考えなかったと思います。




いろんな人がくれた経験が、人との間でさせてもらった体験が、今の自分を作ってる。

それをいいものだと思えるよう、日々と経験を消化・昇華していく、と決めることが

いい人生のコツなのかなぁ、なんて思いました。



春Barやあなる先生との出会いや経験は、わたしにどんな影響をするんだろう?

オンナになる、おまんこが正常化するって、わたしの人生でどんなことだろう?


分かるのはたぶんもっと先のこと。


でも、変わってきてるのは分かる。


自分だけの体験に閉じ込めておくんじゃなくて

人に手渡せるものがあるとしたら、誰に、どんなふうにしたらいいものなんだろう?

そのために、するべきことはなんだろう?


人が変わる姿そのものが、誰かにとっての勇気になる。


それを見せ続けることは、わたしができることのひとつなんだと思う。