女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。

ひまるのブログを読んでいろいろ考えた話

ひまるの友達コレクションというブログを読んで、いろいろ思うところがありました。


http://fumy-san.hatenablog.com/entry/2017/08/04/054921



いつでもどこでも誰とでも、

100パーセント自分を開くなんてことは不可能に近いと思う。

それに近い生き方をしてる人は世界にはいるけれど、

自分にはまだまだ遠い場所です。



わたしはほんの数年前まで

自分が何をしてるのか全く分かってませんでした。


なんで、或る日突然上司や同僚から吊し上げられたり、激怒りされるのか、

半分クビにされるように辞めることになったのか、

恋人から突然別れを切り出されるのか、

あの人から微妙に距離を置かれるのはなぜか。


全然分からなかった。



今はようやっと少しずつ見えるようになってきました。


それが出来るようになる過程の中で、とてもたくさんの人に、

とても根気よく接してもらいました。


自分自身を、素直に開く感覚。

人が心を開いた瞬間をキャッチする感覚。


ヘドロみたいにぐちゃぐちゃで、恥にまみれている感じ。

そこを越えて、心が通い合う暖かさ。



それを知れば知るほど、

目の前でパートナー同士で全力で『愛してる』と伝え合う姿を見るほど、

そんなことをしたいとは思えない人と結婚した、という感覚に

ものすごくいやーな気持ちになりました。



友達コレクション的な関係があってもいい。


関係のある人すべてに対して、『この人の全てが好ましい』なんてなかなか難しい。



だけど、自分の旦那さんのことを

恩義はあるけど好きだとは思えない、

セックスしたいと思えない。


そのことに、すごくがっかりして、怒ってる自分がいる。


わたしだってほんとうは、

一緒のベッドで眠るのが楽しみ、大好き、と思える結婚がしたかった。



なんか全然まとまらないし、

同じことしか言ってないですね。