女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

がまんできず ごめんなさい

こないだのワイン会。 実は記憶が曖昧です。 ◯◯◯◯を◯◯たいな〜って思い始めてから、すごいあやふや…(^^;; 初めて春BARに行った時、先生に 『店でこんなことをしてるひともいる』って話を聞いて いや〜あり得ないわ〜〜 わたしは絶対そんなことしない。 って…

おまんこ優先

施術でわたしのおまんこが硬くなっていたことが先生はとてもびっくり&がっくりだったらしくいろんなひとにその話をされてたようでした。 申し訳ない(^^;; 「おまんこってすごいな。ちんぽってくだらないなぁ」 施術から1日あけて、春BARでヌキポンしてもらい…

施術21回目

施術21回目 「今だから言うけど、今日、最初に指入れた時、こっちがショック受けるくらいおまんこ固くなってたで」 ………(^^;; ここしばらく、ぐるぐるしてたことが原因なのは明白〜〜。 施術の前に、鍼の予約を入れておいてよかった…。なかったら、もっと固か…

追記 施術21回目

施術追記 「俺がスゴいんやなくて、変わると決めた本人が、調子に乗れた本人がスゴい。俺の力が相手を変える、なんとかするんじゃない。 それが分かってからすごく施術がラクになった」 ほんとにそうだなと思う。 リハビリの仕事してた時、『あ。この人ここ…

施術21回目

施術21回目 今日はスーパーヌキポン初体験でした。 膣の入り口すぐのところに、ポケット状の部位がある。そこにリンパがある。それを解すと靭帯まで解れる。靭帯が解れたら、骨盤底筋も解れる。 とのこと。 今まで施術で、いろんな触り方でおまんこのいろん…

施術20回目

施術20回目 今日はニューヌキポンお披露目でした。 『今までは、骨盤底筋をいじりすぎているのかも?』『おまんこそのものの動こうとする力を、骨盤底筋を触りすぎて阻害しているのかも?』というふうに、前提を変えてみた。 とのこと。 その前提の動かし方…

施術19回目

施術19回目 今日はまた『新発見がある』とのことでした。伸ばす靭帯の順番を変えたんだそうです。 説明しながらやるわ、と言われたけれど全然説明されなかった気がします。覚えてない。 最近、転職活動を始めたのですがまぁ難航しています。 でも、始める前…

施術18回目

施術18回目 前日に春BARで楽しく遊びたおした翌日でした。 その日は帰り際に抜きポンしてもらったのですが、それはイカせながら膣と子宮頸部の癒着を剥がしていたそうです。はー。なんじゃそりゃ。 なんかもうもう、異次元、神の手。 前日に、2回目の来店だ…

男はみんな死ね、からの脱却

男はみんな死ね、というくらいの怒りが自分の中にある、と自覚したのはたぶん5〜6年前ぐらい。 それを握りしめたまま、2〜3年過ごした。 気がついたら、男はみんな死ね、とは思わなくなった。 そう思うようになった原因は、母と父の不仲、それに巻き込まれ、…

施術17回目

施術17回目 施術前のお話は、性癖について。 どんな体験と環境の中で、先生の性癖が固まって行ったのかを聞きました。 性癖って、体験、環境、性格が大きな要素なんだなぁ。なので、すごく個人的なことだし、多様性に溢れてるものなんだなと思いました。 そ…

施術16回目

今回の施術は、前日から生理と同時にやってきた頭痛がヤバくて夜もあまり眠れないままでした。 朝起きても痛くて、うーーん。どうしたもんか、と思ってました。 支度しながら、なんとか少しはマシになってきたので予定通り施術に向かいました。 結果、ふにゃ…

実は思ってたより辛かったのかもしれない

生理前とか、そうでない時でも なんかメンヘラになってると、その矛先はほぼ夫に向かいます。 思うことは「コイツさえいなければ」 そうなったら絶対に経済的にも、気持ち的にも困るのに なんかそういう思考がすごく走る。 安定している時は、すごく感謝の思…

理由を話す

たまに 『すごく前と雰囲気変わったけど、何があったの?』と聞かれる。 答えに困る。 何故、がわからないから困るのではなくて この人には言っても大丈夫かな? どう言ったら正確に伝わるのかな? 諸々のリスクを冒しても、この人にそのことを伝えたいかな…

施術15回目

今回の施術は生理だったのでホテルでお願いしました。思ったほど出血してなかったけど、やっぱり気になるので。 先生は、また新しい見解を手に入れたらしく、今回はそのストレッチからです。 仰向けで、先生の太ももの付け根に足を置き、先生の脚をわたしの…

施術14回目

施術14回目 今回は『新技披露』ということでした。 名付けて!【靭帯ブランコ】! 恥骨尿道靭帯を下斜め奥方向へ押し込むようにしながらぶーらぶーらとブランコみたいにストレッチ。 そうすると、骨盤底筋を逐一マッサージしていかなくても一気に全体が柔ら…

人の体に触るということ

医療系のセラピストとして、またオイルトリートメントのセラピストとして長く仕事をしてきました。仕事を始めてから7年くらいは、いろんな講習会とか技術系のセミナーとかにもよく行きました。 習ったら、試したくなるのが人情ってもんよ〜。 というわけで、…

シンプルにイク

20年以上前の、上野千鶴子という社会学者の著作の中で これからは、女性は、自分がオーガズムというゴールを得られているかどうか、を気にしだす。そして女性の方が、男性に対して『あなたはわたしにオーガズムというゴールを与えてくれるのか?』を問う世の…

施術13回目追記① 脱力練習

脱力練習についてのことです。 指4本を入れられた状態でだと、痛くなくてもやはり圧迫感と存在感がすごいので 無意識に力が入ってしまいます。 そこから、ただ『力を抜いて』言われても、上手く抜けない。 そもそも、自分は力んでいる、と自覚がない、あるい…

施術13回目

子宮筋腫摘出後、初の施術です。 傷の痛みはほぼ無く、心配なのは体力面。 すこし前まで、夕方ごろに突然、猛烈に眠くなったり やっぱり疲れやすかったり、 その割に夜は眠れなかったりしてました。 段々、朝に起きられる、 夜はそこそこに寝つく、 日中の猛…

徒然

とりあえず横にならないための手段として 本をむさぼり読んでいます。 石田衣良、代々木忠、上野千鶴子、ananセックス特集。 デリ、おせんべいと大福餅、おにぎり、パンケーキまで食べちゃったぜ!な感じ。 上野千鶴子は読んでて気が重くなりました。 という…

おくさん、子宮筋腫とるってよ 8

今日は外来に降りての診察です。 諸々順調らしく、 『明日退院でもいい?』 えっ もっといたい と思ったけど、言われた通り翌日に退院することにしました。 なんか最初に聞かされてたより、術創が横に長い。 これ、開腹手術って言うんじゃね?ってぐらい。 …

おくさん、子宮筋腫取るってよ 7

術後2日目。バルーンも抜けて、あとは背中の硬膜外麻酔の管が気になって仕方ない。なんで背中に管入ってるのに、動いたり仰向けになっていいんだ?動くたびに違和感と気持ち悪さで、ちょっと憂鬱になりかけました。でも、この日には抜けると聞いてたので朝の…

混ざり合う未熟さと器の大きさ

今回、子宮筋腫を取るために入院してみて病院で働いていたときのことをよく思い出します。 患者さんの気持ちなんて全然わかってなかったし、寄り添えてもなかったなぁ。 それは経験が無いから、当たり前といえば当たり前。 だけど、そんな時の自分の言葉を受…

おくさん、子宮筋腫を取るってよ 6

歩け歩け、歩いてガスを出せ。 ということなので、わざわざ遠いところのトイレに行ったりしてました。 でもうごくと熱っぽくなる。 なので少し寝る。 また歩く、熱っぽくなる、寝る。 これを午後いっぱい繰り返してました。 なんか頼りなーいガスが出ました…

おくさん、子宮筋腫を取るってよ 5

そんなこんなで、術後は脚が動かないのが気持ち悪い。 なにやらすごく腫れてるし。 おしっこの管、点滴、血圧計、酸素濃度計といろいろ管まみれ。 背中の硬膜外麻酔のチューブもまだ入ってるし。 それになにより、めっちゃ寒い!! ガタガタしてました。 電…

おくさん、子宮筋腫取るってよ 4

手術室に入ると、まずは硬膜外麻酔。 下半身全体の麻酔です。 これも手術前の怖いことの一つ。 横向きになると、麻酔の先生が『痛いよ!痛いよー!』って言う。 看護師さんからは『怖いだろうけど、歯医者の麻酔のほうが痛いくらいだよ』って聞いてました。 …

おくさん、子宮筋腫を取るってよ 3

いよいよ手術当日。 前の晩、ごはんの以降は禁飲食です。 外来に呼ばれて、前処置を施されます。 子宮の中にもカメラを入れて、術野を確認するんだそうで そのために子宮口を拡げるバルーンを入れられます。 が、これが苦しいし痛い!! はっうぅっあっぁぁ…

おくさん、子宮筋腫を取るってよ 2

そうと決まれば病院探し。 ぱっと思いついたのは、リニューアルオープンしたさいたま日赤。 もう、ぴっかぴか! 近くだし、院内にカフェもいろいろあるし。 ところが診察受けるだけでもひと月待ち。 それに、腹腔鏡での子宮筋腫摘出手術の実績は0件。 これは…

おくさん、子宮筋腫を取るってよ 1

二年前は豆粒、 半年前は4×4センチ なう4×6センチにお育ちになった、子宮筋腫。 人によってなんとも意見の分かれる大きさでした。 まだ待ったら? と言う人もいれば 腹腔鏡手術で取れるうちに取ったら? と言う人も。 確かにどちらも一理ある。 決め手はアー…

最近思うこと

長らく医療系の仕事もしてきたので、病院での仕事もしていました。 そうすると、わたしにとって病院は 日常で、毎日行く場所で、もっと休みたいな~って思う仕事の場所なわけです。 でも自分が患者になってみて、改めて 患者にとって病院は非日常の場所だし…