女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。@natsume_zakuro

男はみんな死ね、からの脱却

男はみんな死ね、というくらいの怒りが自分の中にある、と自覚したのは
たぶん5〜6年前ぐらい。


それを握りしめたまま、2〜3年過ごした。


気がついたら、男はみんな死ね、とは思わなくなった。

 


そう思うようになった原因は、母と父の不仲、それに巻き込まれ、母の怒りを肩代わりさせられたことにある。
だけど母が子どもを巻き込んだり、自分の意見に同調するようわたしを操作したのも、絶対に良いことでは無いけど
まぁ仕方ないかなぁ、とも思う。


最近、友達の子どもと接してて
こんだけ自分が毎日お世話して、自分にだけ向けてくれるかわいい笑顔があって。
もしこの子が、自分のパートナーへの不満や怒りに常に同調してくれたら、どれだけそれに慰められることだろう。
それが切羽詰まってれば詰まってるほど、堪らないと思う。
そんで、もしこの子に、冷静に『いや、お母さん。それは違うよ。お父さんの気持ちにもなってみなよ』って言われたら、絶望感と孤独の恐怖で発狂するかもしれない。
そりゃ、そうならないように、微に入り細に入り監視して、操作するよな。


自分は、絶対に、100%そんなことはしない!とは言い切れないな。
その甘い誘惑に完璧に勝てる、とは言い切れないな。
と思った。


そういう理解をする態度と、
はっきり『ふざけんな!やめろ!!』と過去の母にきっぱり拒絶のエネルギーを送る、というのを、
並行してやってみたら、けっこうラクになった。


今はもちろん、母の父に対する怒りと自分のそれの区別はつくけれど
境界を侵されていた小さい頃の自分が、まだ同時並行の世界で存在している感じ。
そこの世界に、意識が飛んでってる時間が減ってきた、
そこの世界からの影響が減ってきた、って感じ。

 

 

 


男はみんな死ね、と思わなくなったのは
ほんと単純に、やっぱりおまんこが気持ちよくなってきたから。がいちばん大きい。
男の人の、オスのエネルギーを気持ちいい、欲しいと思うようになったから。


そんな自分ははしたないとかなんだとかより、おまんこの気持ち良さが勝った。
男の人を感じると、もっとおまんこが気持ちよくなる。
そんな気持ち良さをどんどん生み出す自分の体への感動とか好奇心が勝ったように思う。

 

 


それと、乳児院で、
男の子って単純で、カッコつけで、褒められると俄然張り切っちゃって、一度心を許すと甘え方がストレートで同じパターンで。
とにかく女の子よりずっとずっと単純で、そこがかわいいし、見てて面白い。
しかもそれが大人になってもほぼ変わんないんだな、と感じたことも、間接的な要因かもしれない。
男の人の中に、男のコを見つけられると
怖くなくなるし、かわいいなって思う。
そしたら憎く思うエネルギーも減る。

 

 


ちなみに、新生児でも、抱いた感触の性差はしっかりある。
乳児になると、匂いももう違う。


だけど、老人になると
体を触った感触の性差ってあんまりない。
いや、無くはないけど、それより老人特有の硬さの方が目立ってくる感じ。
特に寝たきりになると、性差はぐっと減る。


だから、男らしい、女らしい雰囲気を醸せるエネルギーって
若々しさとか、生命力とほぼイコールみたいなもんなんだろうなぁと思う。

 

 


 

施術17回目

施術17回目


施術前のお話は、性癖について。


どんな体験と環境の中で、先生の性癖が固まって行ったのかを聞きました。


性癖って、体験、環境、性格が大きな要素なんだなぁ。
なので、すごく個人的なことだし、多様性に溢れてるものなんだなと思いました。


そんで、一度固まっちゃうと
変える、無くす、の話じゃないんだなぁとも思いました。


自分の性癖が、多分に相手の権利や自由を侵害するものだった時。
健全というか、社会生活を脅かさない範囲や方法で発散する、満たすっていうのも大事なことだよなぁ。

 

 


施術の内容は、靭帯ストレッチと癒着剥がし。


これだけイケるおまんこになっても、なんかすると癒着を起こす。
油断大敵。


膣が充血して伸びて、充血が収まって縮む時に経血と空気を巻き込んで縮む。
その経血がノリみたいになって、膣のヒダとヒダをくっつけちゃって癒着する。


そこをイカされたりしながら、剥がしていく。


そのあと、全体をグルーっとこそげていくと
先生の指に梅ジャムが!!


『はーい。おまんこの年末大掃除ですねー』


と、何回かぐるーっとお掃除されました。
これで気持ちよく新年を迎えられます。


終わった後、おまんこが軽やかでした。

 


ほんとに、こんなことが分かったり、出来るのは先生だけだろうなって思う。
ただイカせる、気持ちよくさせることができる男の人はたくさんいるんだと思う。
だけど、ここまで正確に、微に入り細に入り触れる人は他にいない。


なんで、世の中の男の人は
こんな凄い人が教えてくれるって機会に学びに来ないのかな?
周りの女の人が、『たくさんの人に知ってほしい』って言ってる、それだけ必要だし、欲しいって言ってることなのに。

 

 

 


それと、スクワットやストレッチしてても左側が硬いし伸びにくい。
それはおまんこも同じで、左のほうが伸びが悪い。
癒着も左側で起こした。


ただ股関節のストレッチかけたり、固い筋肉を揉まれたりしても、想像範囲内の苦しさだけなのに
おまんこズボズボされながらだと、なぜかそれがめちゃくちゃ気持ちよくなって、それでイク。


これはヤバい。
すごく好きなタイプの刺激。
『それはダメです〜〜これは、ダメになっちゃうやつ〜〜〜あぁーイグゥ〜〜〜〜』でイキました。


『コレはどうや!』と左の内転筋を踏まれてストレッチされながらズボズボされると、またイク。


なんであんなに気持ちよくなるんだろう。不思議。


全身の鳥肌がすごかった。

 

 


前回は、あんまり体調良くなくて
あんまりエロい気分を作り込めませんでした。
そのためか、施術の最初の方では膣の入り口が少し固いしピリピリする感じ。


それは気持ちの作り込み方の問題や、と言われたので
今回はエロい気持ちを作りこんで、高めて臨みました。


入り口、全然痛くないし。
すぐに3本、4本、と指が入る。


おまんこって、なんて素直なんだろう。


こんな素直で繊細な存在なんだって分かると、大事に慈しんであげたいなって思う。

 


それと、途中で『少し酸が出てる』と言われました。
『ちょっと、体だけでイカされた感じが続いたからやな』


『男の身体を触って』
そう促されて、先生の身体を触ると、たしかにおまんこが少し楽になる感じ。
男の人の身体だ、って意識して触ると
やっぱりなんかおまんこが反応する。


ほんとに、おまんこって感覚にすぐ反応する。


ちんぽみたいに外に出てないから変化が分かりにくいけど、実はいろいろ外側のことを感じて、反応してる。

 


それと、イってる時に脱力するとまた一段高くイケる。
分かってても、最初につい力を入れちゃうので
最初から脱力してイケるようになる、を次は意識したいと思います。

 

 


 

施術16回目

今回の施術は、前日から生理と同時にやってきた頭痛がヤバくて
夜もあまり眠れないままでした。


朝起きても痛くて、うーーん。どうしたもんか、と思ってました。


支度しながら、なんとか少しはマシになってきたので
予定通り施術に向かいました。

 


結果、ふにゃふにゃに仕上げてもらいました。

 


『もうイキまくれるのに、入り口がすこしピリっとする時があるのは、気持ちの作り込み方の問題やで。少し性的な、いやらしい雰囲気を醸しただけで痛くなくなってるやろ』


たしかに、少し気持ちを誘導してもらうだけで、すぐ気持ちいいがやってくる。


尿道靭帯をストレッチされると、すぐにGスポットがどんどん膨らむ。
それをゆっくり少しずつ圧迫されて揺さぶられるのが、マッサージ的な気持ち良さと、性感的なイク気配のある気持ち良さが溶けて混じって最高でした。
すごい多幸感がある気持ち良さ。
おまんこ溶けるって思いました。
ドロドロのガムみたい。

 


おまんこと、頭と心の関係について、
松さんを例に出していろいろ話してくれました。


松さんは、快楽を受け取る器が大きいんですか?と聞いたら、
『器っていうのとは少し違う』


松は、おまんこの言うことを聞く。
それで、おまんこも松の言うことを聞く。


今日は施術だ、いやらしいことをするんだって思うと、それにすぐ素直におまんこが応える。
それが、おまんこと心と頭が繋がってるってことだ。

 


そうか、と思いました。


おまんこはもっと気持ちよくなりたいし、なれる。
心も、ほんとはそうなりたいけど
頭がまだどこかで『そんなことは、はしたない』って言って、
おまんこの声と心の声がリンクしないようにしてるんだ。


ここまできて、両脚を抱えた姿勢で、そんな頭の言うこと聞いてる方が馬鹿馬鹿しいや、
おまんこの主張を受け入れよう。


そう決めて、おまんこの声を聞くぞ、と思ったら聞こえました。


【もっと見て、わたしが感じてること受け入れて、わたしを愛して】

 


これからは、より自分の感じた快楽や性欲を
愛しいものと思えそうです。


わたしの体の一部が、こんなにわたしの心と頭に認めて、愛されたがってたんだなぁ。

 


そのことを感じる前から、今回はいつもより
気持ちいい、を叫ぶ以外で素直に力まず出せてた気がする。
そんな転換の日だったのかもしれない。

 


最後に、 膣にテンションとストレスがない状態になったので、ずぼずぼしてもらいました。


『マゾスイッチ入れろ!弱くなれ!』
『男にピストンされてるで!男は好きか!好きって言え!』


ピストンで、坐骨や恥骨に振動が来る感じがすごく好きです。
男性に突き上げられるのを想像すると、自分は女なんだなって全身で実感して、おまんこ溶ける。


女なんだって実感すると、ふにゃふにゃになって溶ける感じがする。


そうなると、少し触られても全身すぐ鳥肌が立つ。
それが多幸感を生む。
興奮だけじゃなくて、ふにゃふにゃに感があると
気持ちよくなった時の幸せ感がすごくある。


なので外に出て、陽射しが脚に当たるだけで全身にぷわーっと鳥肌が立って
それだけで幸せで、感動しそうな気配すらありました。
なんだこれは。この世界は。

 


もし、思春期から性について
リスク管理とともに、気持ちよくなることで得られる豊かさ、そのためのお作法、感情的な知性、テクニックについても教えてもらえたら
世の中絶対変わるよな〜って思いました。

 


 

実は思ってたより辛かったのかもしれない

生理前とか、そうでない時でも

なんかメンヘラになってると、その矛先はほぼ夫に向かいます。

 

思うことは「コイツさえいなければ」

 

そうなったら絶対に経済的にも、気持ち的にも困るのに

なんかそういう思考がすごく走る。

 

安定している時は、すごく感謝の思いもわくし

優しく接することも出来るんだけど。

 

まぁ、夫婦あるあるだとは思う。

 

施術の事とかは、夫には絶対に秘密。

なぜなら、彼にはまず理解できない世界観だから。

 

結婚という制度と、感情と、セックスは、彼の中では三位一体のもので

そうでないものは対岸の火事。他人事。

エロ事や性的興奮は異性間でしか起こりえないもので、

そうじゃない人たちがいるのは知ってるけど、画面の向こう側の人たちの事。

 

夫のことを男性として好きっていうわけでもないし

でも恩はあるし

いなくなられたら困るし寂しい。

 

そういう人が、知ったらたぶんものすごく混乱して、不安になって、もしかしたら絶望感も感じるかなーっていうようなことが

わたしにはどうしても必要なことで

だけどそれを夫に話して理解を求める、っていうのはしたくない。

労力とリスクが大きすぎる。

 

かといって離婚するほどのエネルギーもなく。

少し前までは、頑張れば(←そもそも頑張るっていうのが…)夫ともセックスできるかも、と思ってたけど

ここ最近はそれも急に『あ、無理』ってなっちゃったし。

 

不誠実だなとは思うけど、今のこの状況を変える気は無いし、変えたくない。

 

そういう状況にハマってることが、自分で思ってたよりも

案外と辛かったんだなぁって気が付いた。

 

ツライって思っちゃいけないと思ってた。

 

だって(夫以外と)性的なことを楽しみたいって欲求を抑え続けるなり、

それが出来ないなら離婚するなりすればいいって思ってたから。

 

でも、あんがいとこの状況はこの状況で、割り切れない分辛かったんだな~って

自分で思えたら、ちょっと一息つけた感じ。

 

不誠実だし、半端だなぁとは思うけれど

それもまたよし、と割り切れるほどはまだ達観できず。

 

夫が視界に入ると、わたしが隣にいるとそれが嬉しいのかハイテンションになる姿を見ると

わたしの半端さと不誠実さを突き付けられるようで、

だから「コイツさえいなければ」になるんだな、と。

 

じゃあどうする、っていうのはまだ思いつかないけど

とりあえず自分の気持ちを少し整理できたので、ちょっとほっとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由を話す

たまに

『すごく前と雰囲気変わったけど、何があったの?』と聞かれる。

 

答えに困る。

 

何故、がわからないから困るのではなくて

この人には言っても大丈夫かな?

どう言ったら正確に伝わるのかな?

諸々のリスクを冒しても、この人にそのことを伝えたいかな?

とかいろいろ考えるから。

 

 

雰囲気が変わった理由は

性的な快楽を知ったから。

オルガズムを何度も何度も経験したから。

その中で、みっともない自分を出すこと、

それを見てもらうこと、

ポジティブに受け止めてもらうことを経験したから。

 

人がイってるのを見るとき、面白くて笑っちゃうこともあるけど

少し意識するとすぐ隣に興奮の存在も分かる。

 

エロさはいろんなものの隣に、いつのまにか居るものなんだなと体験する。

 

 

わたしたちは性的な場面に、いろんな社会規範を持ち込む。

 

だけど、施術の時にそんなの力尽くで剥ぎ取られるほどの快楽を、自分からも取りに行く。

快楽の力を借りて、いつの間に自分の中に入り込んだ、誰かの観念を引き剝がす。

 

そんな体験をすることで、〜であらねば、が薄くなってきたから

『変わったね』って言われるんだと思う。

 

 

それが、性的な快楽でなければ意味がなかったなと思う。

施術に出会ったのは、他の手段はだいたいやりつくした後だったから。

 

 

 

 

施術15回目

今回の施術は生理だったのでホテルでお願いしました。
思ったほど出血してなかったけど、やっぱり気になるので。

 


先生は、また新しい見解を手に入れたらしく、今回はそのストレッチからです。


仰向けで、先生の太ももの付け根に足を置き、
先生の脚をわたしの太腿に乗せて、股関節開脚のストレッチ。
けっこうグーッと圧をかけられます。


数分間そうした後、ゆっくりと除圧。
ゆっくり力を抜いていくと、足が先生の太腿から落ちて、自然に足で先生のおちんちんを挟んでました。
わざとじゃない。


こうやってかなり限界まで開脚してから圧をかけることで、尿道恥骨靭帯の方までストレッチされるんだとか。


尿道恥骨靭帯は、前回の時に直接ストレッチされたところだけど
今回は股関節からストレッチ。


その後、うつぶせになって中殿筋、仙腸関節、大腿骨大転子あたりをグーッとストレッチされたり圧迫されたり。


普通に気持ちいい整体みたいだな~~なんて思ってたら
さわさわ撫でられたり、噛まれたり、舐められたりして
『全部おまんこに持って行って』と言われます。


そうでした。


おまんこを意識すると、さっきストレッチでほぐれたせいなのか
背中や脚の背面をなでられてるだけなのに、突然ぽこっと”気持ちいい”のカタマリがおまんこに現れる感じです。
股関節や仙腸関節のスタビリティとモビリティ(安定性と可動性)のバランスって
ほんとイクのに大事なんだなぁ。


ちなみに、椅子に座る時に浅く座って背中の上の方だけ背もたれにもたれるような座り方をしてると
仙腸関節は固くなります。
仙腸関節が硬いと、いわゆるのぼせみたいな症状も出ます。


猫背の人は、この浅く座る座り方をしがち。
よい姿勢はイキやすさにとっても大事。

 

f:id:Pomegranates:20181019180415p:image

 


整体(?)が終わると、うつぶせのままおまんこ施術に入ります。
なんかソフトな刺激なのに、すぐイキそうがやってくる。


仰向けになってもソフトな刺激が続きます。
それでもすぐ、先生の指4本が入る。
多少圧迫感はあるけど、痛くはないし、苦しくも無い。
前はあんなに時間かかったし苦しかったのになぁ。


今回の施術は以前のお店での抜きポン並に『あ~~もうちょっとですっごいイケるのに』の手前でいろいろストップされました。
ほんとにおまんこメンテナス、トレーニング。
今回は自分で膣を締めてイク、をけっこう練習しました。


先生が指を入れてゆるゆる動かしながら
『はいこれで自分でイってみて』と。
意識的にぎゅーっとおまんこを動かして膣圧を高める感じです。


だんだんと先生が動かす刺激を弱くして行きつつ、自分でおまんこを動かしてイク。
『よくわからないおっさんのちんぽが入ってきました~。ほれ、下手くそなピストンでイケ!』
文字にすると、すごくヒドイ誘導の仕方(笑


そのぐらい、自分のおまんこの力でイケるようになれってことなのかな。


『オナニーでもこれでやってみて』とのことでした。
やってみます。

 


終わった後、今回はめちゃくちゃイったわけではないけど
体がぽかぽかしてました。
そして帰りの電車では爆睡して寝汗までかいた(笑

 

 


 

施術14回目

施術14回目


今回は『新技披露』ということでした。


名付けて!
【靭帯ブランコ】!


恥骨尿道靭帯を下斜め奥方向へ押し込むようにしながら
ぶーらぶーらとブランコみたいにストレッチ。


そうすると、骨盤底筋を逐一マッサージしていかなくても
一気に全体が柔らかくなるんだそうです。


ほんと、先生は研究熱心…!

 

f:id:Pomegranates:20180915133616j:image


実際、そこを少し伸ばされると
あっという間に指三本、四本が入りました。


今まで、先生の指を三本、四本入れるのには
もうすこし時間がかかってましたが
開始して数分で入ってました。


にゅるーんってかんじ。


おくさんのおまんこはヤル気まんまんだったので
生理前でもないのに子宮が降りてきてるわ
指四本入ったらすぐ酸性のオリモノがバンバン出て、ゴム手袋がつっぱるくらいだったそうです。


今回は諸々の靭帯を中心に刺激されました。
鼠径、肛門、などなど。


途中、何回か脚がプルプル震えてました。
鼠径のあたりから振動が生まれてきてるかんじでした。

 


最後、『仕上げや』ということで
ワンワンスタイルで三分間イカされっぱなしです。


これがキツイ。


でも脱力、脱力をとにかく意識。


施術中でも、ストレッチをかけるような時はちょっと苦しいとか、痛い感じとかあります。
そこも、受け流すというか
痛みより脱力することに意識を向けるようになりました。

 


はぁー。
なんだかさっぱりすっきり、元気になった施術でした。
よく眠れそう。

 


それと、おまんこ自体を良くする、直す、ということに真っ向から向き合うスタイルは
本当に唯一無二だなと思いました。


性行為っていろんな要素があるものだけど
おまんこ、ってことにここまでフォーカスしきるのはすごいと思う。

 


それと、自分の指を中にいれて
広くなったおまんこを確認しました。


びっくり!


そりゃ赤ちゃん出てくるわ!って思った。


海外の方が知名度のあるものだけど
オーガズミックバースといって、産む時にオーガズムを得るお産があります。


これを体験すると、『あーもう1人産みたい!!』って思うらしい。