女になるブログ

女でよかったって思いたい。そのためのあれこれのブログ。

徒然

今までも、いろーんなことして

体が良くなったり、怒り中毒だった心も落ちついてきたりしました。


前々からの友達からは

『変わったよね〜』と染み染みされます。



でも、春Bar行くようになって、

また全然出来てない、ゼロからのスタートです。


おまんこ問題は手付かずだったので。



それと、手付かずと言えば夫婦関係。


旦那さんのことは気にはなるけど

生活もすれ違いでほとんど話す時間も無く…。


うーん。

夫婦ってなんだろう?

どうしたいんだろう?

なんてことでぐるぐるしたりもします。



結局ここを見たく無くて

変わって行く体、新しい世界が新鮮で楽しいだけなのかな?

とも思うけど、気の済むまでやってみようと思います。


体が変わるのは、間違いなくいいことだし。



もう少し意識して一緒に過ごす時間を作ってみないとなぁ。


なんか気が重い。



でも、もし今すぐわたしの人生から彼がいなくなったらものすごく心細いだろうな、とも思う。



それでも、バレたら離婚されるかなー、

されなくても決定的な溝になるなーって事を止める選択肢もないわけで。


性的なことや男女関係について、ものすごい頭固いと言うか、

サザエさん的な世界観しかない人なので、

春Barや性感マッサージのスタッフの人のこととか

理解できないし受け入れ難いと思う。




人とは矛盾と両極を抱えた存在なんだ、ということで。


真面目に観察しつつオナニーしてます

オナニー



脚ピンやめようとしてみてますが、

気分や体調がかなりよく揃わないと難しい。


途中、脚ピン挟まないと気持ちいいが作れない。


Gスポイキも、初めて宿便取りした翌日以来、出来てない。

おしりいじり禁止令も出てるし…。



それでも、脚曲げ→脚ピン→脚曲げを繰り返しながらクリや中を刺激してると

筋肉の収縮がおまんこの気持ちいいを作ってるんだなってことは実感できてきた。


脚曲げた状態だと、腰や脚の大きな筋肉を使って強制的におまんこ周りの筋肉を収縮させられないから、イキにくい。


粗大筋肉を使わず、骨盤底筋を収縮させるには

股関節や、骨盤底筋の柔軟性、

それと随意性の向上が必要なんだなぁと感じてます。




それと、イク少し前に、

脱力するようにしてみてます。


前はきゅーっとそのまま力んでイッてた。

そうすると、直線的にイク。


一度脱力すると、骨盤の中にため池みたいなのが出来て

そこに少しの時間だけだけど、気持ちいいとか、イクがたまる感じがする。


それを広げて深めるイメトレしてみよ。



真面目に観察しつつオナニーしてます。


追記 施術1回目

施術について、ポロポロ思い出すことが出てきたので追記。



途中、

『はいここ触ってー。先生ちんぽ勃ってますー』と足指を先生の股間に充てがわれました。


初めて春Bar行った時『君ではちんぽ勃たへんねん』と言われましたが

そこから変わりつつあるってことなんかなぁと思えて、嬉しかったです。




骨盤底筋群の振動が、尾骨と仙骨を伝って脊髄を刺激し、

それが脳に伝わる。


その刺激にびっくりした脳がβエンドルフィンを放出する。


骨盤底筋群からの刺激と、βエンドルフィンのぶつかり合い、ギャップがオーガズム。




この説明を聞いて、先生がよく笑うことを大事にしてることについても、なんか繋がるなぁって思いました。


笑うって、

そこに何かしらのギャップがあって、その落差が笑いを生みます。


緊張と、そこからの解放がある。


変化、ギャップを受け入れられる幅が大きいほど、

人生は楽しく、豊かだと思う。


心が柔らかくないと、笑えない。

笑うと心が柔らかくなる。


ギャップは振動や震えを生む。

震えを味わうには、柔らかさが必要。




気持よくなってくると、おしっこしたくなるのがツライ。

気持ちいいに集中できないから。


そうならないためにもストレッチがんばろうと思いました。


伸ばしてるところを意識するとストレッチ効果は上がるので、

先生に見せてもらった解剖アプリをさっそく購入しました。

ストレッチしつつ、痛いところをアプリで確認します。



さぁ次回までにどこまで変われているのか、チャレンジです。


施術 1回目

初施術、受けてきました。


終わったばかりの感想としては、お風呂入りたい…

そのくらい、発汗がすごかったです。


要は今まで固まって血流が悪かったところをほぐされ、血が巡り出したことによる発汗だそうです。


腕と顔まで痺れて、腕も足も背中も汗だくでした。


血流、大事。



最初に解剖のアプリを使っていろいろ骨盤底筋について説明を受けました。


改めて見ると、なんで快楽を得るために骨盤底筋の柔らかさが必要なのかがよくわかりました。


特に仙骨の可能性はすごい。



そこから実際に、おまんこをほぐほぐされます。


あー大腿骨頭を感じるー

梨状筋、オマエはそこにいたんかー

仙骨、存在感すごいなー


そんなことを感じます。


触り方ひとつで、感じ方がほんとにいろいろある。

気持ちいいところ、ピリッと痛いところ、ぐにぐにって感じのところ、ストレッチみたいに痛気持ちいいところ。

おまんこはまさに小宇宙でした。


『おまんこ、ナメてたやろ』

はい。

ただの筒だと思ってたわたしがあんぽんたんでした。


大腿骨頭を感じられたのが特に面白かったです。

股関節は骨盤の中なんだ、というのが体感できたのが新鮮だったし、良かったです。



『気持ち良くなろうと、高めようとしないで。このゆるーい気持ち良さを感じてて』

と指一本で抜き差しされました。


これが副交換神経を働かせるんだそうです。


指一本でもびっくりするくらい気持ちいい時もあるのに、この時はゆるゆる気持ちいい。


おまんこは変幻自在です。



『ちょっと触ってくから、それをおまんこに持って行って。触られたところがおまんこだと思って。表現して』

足首、ひざ、太腿をさわさわ撫でられたり、抓られたりします。


場所によって時間差が少しあるけど、

刺激をおまんこに持っていく感じは面白かったです。




後半、

『ちょっとエロモード入ろうか』と気持ちいいところを刺激されました。


そこから、膀胱靭帯や膀胱子宮靱帯あたりを刺激されます。

ここがすごく刺激が強く感じました。

ここら辺りから、全身汗がすごかったです。

おしっこ行きたい、気持ちいい、抓られてる太腿痛い、気持ちいい、がないまぜです。


おしっこ行きたくなるのは、膀胱と膣がくっついちゃってるから。

脚ピンオナニーも原因の1つになり得るそうです。

今後は脚ピンしないでオナニーします。


ここらへんを刺激されてる時、

『もっと情けない顔してや、情けない声出しや』と言われました。


たぶんかなり大きい声が出てたと思います。



途中、ちょっと口を塞がれたような気がします。


誘拐されかけた時に口を塞がれかけたことを、体が思い出すかなって想念のモヤが浮かんだ気がするけど、杞憂でした。


こういう塗り替え方もあるんだなぁ。



いろいろあっただろうけど、いったんリセットして、と言われました。


途中、流産の話になったら反射的に少し泣いてしまいましたが

『ほれー、リセットしてって言うたやろー』と。


半年前だったら、それに納得できなかったと思う。

今はうまくは言えないけど、そうする意味や意図は、なんとなく分かります。




わたしの仙骨付近の筋肉は、せんべい布団のようだそうです。

触られてても、確かにそんな感じ。


そこは、楽しんでると血流が良くなって、筋肉が柔らかくなるそうです。

そうだとケガをしない。


イチローがケガが無いのは、楽しんでやってるからやでー、

カネのためにやってる選手はケガが多い。

とか、そんな話もしました。





最後に、『なんのためにこれを受けるかやね』

『どうやって、豊かさを作るかやで』と。



これだけで食って行きたいってものは見つかっています。


人と話して、身体に触れて癒すこと、

心も体もその人らしい状態に戻すこと、

その瞬間に立ち合うこと。


それがオイルトリートメントだったり、

着衣での施術だったりはいろいろです。


これを生活や人生の中心に持ってくること。


男のエネルギーでなく、女のままでそれをすること。


それが、今のわたしにとっての豊かさというか、したいことだなぁって思います。


あと、心を許せる友達をたくさん持つこと(*´꒳`*)



次回までに足首手首ストレッチ、骨盤のストレッチを入念にやっておきます。



施術前の気持ち

旦那さんへの頭の中で繰り返してた文句は、ただの八つ当たりだったわけですが、


それでも、旦那さんのことをどう思っているのかはまだよく分かりません。


でも考えると面倒で体が重くなる感じです。



自分を大切にするってどういうことか、よく分からないなぁって思います。


ほんとはどうしたいのかが分かってないから、そうなっちゃうんだろうな。


しかも、やってみて

『あー!別にこれほんとはしたくなかったー!』とか

『やってみたらめっちゃ楽しかった!』なんてこともある。


やってみないと、自分が何したいか分からない。



もうすぐ施術を受けるわけなんですが

今思ってるのは

おまんこで気持ちよくなりたい。です。


なったこと無いし、

それはすごくつまらないというか、

物足りないというか、

なんかすごく『もーーー!!』ってなる。


旦那はいるけど、

旦那とはセックスしたくない。


そんな状態なのですが、

気持ちよくなったら、何がどうなるのか?は分かりません。



 

骨盤底筋に溜まってたもの

久しぶりにキネシオロジーのセッションを受けてきました。



なぜか自動的に頭の中で始まる旦那さんへの文句。


果たしてこれは自分が本当に思ってるものなのか?


いざ本人を目の前にすると『なんでここまで頭の中で毒づいてたんだ?』って思う時もあるので、

なんか違うのかも?


でもほぼオートマチックに文句が始まって止めにくい。


わたしは、ほんとはどう思っているんだろう?



そんなことをはっきりさせたくて、キネシオロジーのセッションを受けることにしました。




『うーん。

  旦那さんには反応ないねえ』


やっぱり…(^^;



いろいろ話したり筋反射を取っていくうちに、

ヒステリックになって話が通じない感じになっている母親への怒り、

『お父さんに夜中に刺されたら困るから布団に包丁をかくして寝るんだ』と、母が布団をめくって包丁を見せてきた時に感じた殺意、怒り、

小学一年生の時の誘拐されかけた時の恐怖、

『世の中の男はみんな死ね!』という怒り。



そんなものがボロボロ出てきました。



怒りと殺意にまみれた自分。

血の池で泣き叫びながら機関銃を乱射している子どもが、骨盤底筋のあたりにいるのを感じました。



あ〜〜そこにいたんかぁ〜〜〜!!


ごめんねぇ。

辛かったね。

頑張ってきたね。


そんなにキミがそこで頑張ってきてたら、そりゃーおまんこかちかちになるね。

おちんぽが痛いよね。


でも、助けてほしい、

見つけて欲しいから、

春Barと、アナル先生と、骨盤底筋ほぐしに出会ったんだね。


もうそんなのやめたいから、

おまんこふわふわになりたいって思わせてたんだね。


ほんとは男の人を愛したいし、愛されたいから

おちんぽが気持ちいいおまんこになりたいんだね。



心の方面からだけのアプローチじゃ、追いつかない。


圧倒的な実感が欲しい。

だから、骨盤底筋ほぐしなんだ。




というわけで、旦那さんへの文句は八つ当たりでした。



そしてそんなキネシオロジーのセッションが終わったら生理が来た。


体は正直だ。


宿便取り ②

宿便取り2回目。


『ふっかいわぁ~~』

やっぱりポケットが深いみたいです…。


『食生活ちゃんとして下さーい』

してるつもりだったけど、まだまだみたいです。

改善のため、まずは記録するところから始めようと思います。


『も~~また君はここ膨らませて~~。

 何しに今日は来たんですかー?

 うんこ取る以外に目的あるんじゃないんですかー?』

すいません、またオボちゃんだったみたいです。

すぐに膨らむチョロいおまんこです。


そしたまた固くなっている骨盤底筋…。


ちょこっとおまんこもほぐしてもらいました。

ほぐされながら、笑わされます。

笑うとチナラが出ました。

笑うと骨盤底筋が緩む、動くっていうのを体験させてもらいました。


気分良く過ごすって大切なんだなぁと実感しました。


自分だけでなく、人もそういう気分にさせられる人になりたいものです。



それと、ちょっと内壁にキズがあるとのことでした。


お通じの時に紙に血がつくことかあったので

かったい💩が凶器となっていたようです。


オナニーで触ったせいではない…!はず。


ともかく宿便取り以外では触りません。治るまで。

 

 

初回より全然抵抗感なく、四つ這いになれた自分にびっくりです。


こんなすぐに慣れるとは…(^^;


春Barの雰囲気もあるのかもしれないです。


 


それからはストレッチ大会です。


わたしはなまじ可動域があるので、細かい調整をしっかり意識しないと

ちゃんと筋肉を柔らかく出来ないことがよく分かりました。


まずは足首手首!